決済が可能な理由

- 決済が可能な理由

決済が可能な理由

クレジットカード会社は、当然ですがクレジットカード現金化という行為を認めていません。
利用規則に違反する行為なため、もし現金化を行っている利用者がいれば、クレジットカードの利用停止の措置を行うケースもあります。しかし、それなら不思議に思いませんか?
なぜ、クレジットカード現金化の業者は、クレジットカードの決済が可能なのか?と、その理由について紹介します。

クレジットカードの決済が可能な理由

もし、クレジットカード現金化をなくしたいのであれば、業者がクレジットカードの決済を行えなくすればいい訳です。
そうすれば、業者は商売が出来なくなり、現金化を撲滅する事が出来るでしょう。
しかし、現実はそうではありませんよね。
数多くの業者が存在し、業者は決済を行う事が可能です。
これはなぜか?というと、業者が決済代行会社にクレジットカードの決済をお願いしているからです。
そのため、クレジットカード会社は、決済代行会社の決済の中に、クレジットカードの現金化の決済が混じっている事を
把握する事が出来ず、業者を撲滅する事が出来ないというわけです。

決済代行会社の立場は?

決済代行会社は規則として、クレジットカードの現金化の業者の依頼を受けているという事が、クレジットカード会社に
バレてしまえば、即取引停止となってしまうでしょう。
つまり、業者の依頼を受けるという事は大きなリスクを背負うわけです。
それなのに、なぜ業者の依頼を受けるのか?と言えば、手数料が魅力的だからです。

通常の決済よりも、現金化の決済の方が手数料を多くもらえる、利益が発生するために、ハイリスクハイリターンな依頼を受けているというわけです。
もちろん、決済代行会社も、クレジットカード会社から取引停止されてしまうと大変なので、バレないようにいろいろ工夫をしているそうです。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社から認められていないのに、決済を行える理由は、
決済代行会社を通じて決済をしてもらっているからです。

  ← 前の記事:   次の記事: